読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄への外患誘致を謀る反日在日左翼プロ市民団体を粉砕焼却せよ!

敵上陸軍への航空逆襲!

http://m.youtube.com/watch?v=F6IHANM9_k0&sns=gr

〔「日本経済新聞」H24.9.19〕

「『中国の国力を強め,再び日本を一つの省として組み入れよ』

18日,北京市内では刺激的な横断幕を持った一団のデモがみられた.その後ろからは毛沢東肖像画十数枚を掲げた人々が押し寄せる.「毛主席に戻ってきてほしい」」

〔『China Watch』石平氏産経新聞」2012.9.13〕

「解放軍の現役少将で国防大学戦略研究所の金一南所長は7月13日,中国広播網という官製メディアの取材記事」で,

琉球はもともと中国の属地.それが日本によって強奪された」

と発言したばかりか,対日交渉において「琉球群島全体の帰属問題」を持ち出すべきと主張した背景を論じている.

「この提言に応じたかのように,今度は『社会観察』という政論誌の8月号が,復旦大学日本研究センター副主任の胡令遠教授と中国対外経済貿易大学国際関係学院の王海浜副教授連名の「琉球問題論文」を掲載した.論文は直ちに人民日報系の「環球網」に転載され国内で大きな反響を呼んだ」

「その中で,「琉球人民に十分な民族自決権を行使させよう」という,赤裸々な「沖縄県民離反工作」までが公然と語られているのである」

「彼らはすでに,日本の沖縄に対する野望をむき出しにしている」

「おそらく中国からすれば,沖縄を名実ともに「中国の属地」にしてしまえば,中国の海洋制覇戦略の最大の妨げとなっている米軍基地をかの地から追い出すこともできるし,日本本土を完全に中国の軍事力の脅威下に置くこともできよう.そうすると,「琉球の中国属地化」の次にやってくるのは,すなわち「日本の中国属国化」なのである」

〔『産経新聞』「正論」欄(2012.9.12)志方俊之帝京大学教授〕

「ある離島が外敵に占領されたら間髪を入れず逆上陸作戦ができるよう,西方普通科連隊を本格的に海兵隊化し,水陸両用の装甲車両を導入する」

「海自では,陸自の水陸両用装甲車両を搭載して発出できる新型ヘリ搭載護衛艦を建造し,配備すること,空自では,南西航空団の2個飛行隊化を繰り上げ実施すること,そしてF35戦闘機導入のペースを加速することである」

「統合レベルでは,南西諸島防衛の統合任務部隊を常設化し,同部隊の米軍との警戒監視や偵察活動における日米共同訓練を恒常化することが喫緊の課題である」

『沖縄を本当に破壊しているのは誰だ?!地元の有志が実名で報じる「洗脳の島オキナワ」で暗躍する特定勢力の正体!』知念章「基地反対運動は嫌いでも沖縄のことは嫌いにならないでください」ワニブックス[PLUS]新書

■米軍、また嘉手納でパラシュート訓練 夜間は初めてか

(朝日新聞デジタル - 05月11日 01:19)