読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カドカワ ニコニコ動画の有料のプレミアム会員数が9万人減の243万人と発表

「「ニコ動」有料会員、さらに減少続く」

https://news.SNS.jp/view_news.pl?media_id=40&from=diary&id=4567502

 ニュース(ITmedia ビジネスオンライン)によりますと、カドカワが11日に発表した2017年3月期決算によると、傘下のドワンゴが運営する動画サイト「ニコニコ動画(ニコ動)」の有料会員が3月末で243万人となり、四半期として初めて減少に転じた12月末から9万人減った。

 プレミアム会員(税込月額540円)は、ニコ動上の動画を優先的に視聴できる機能などを備えており、ニコ動を含む「niconico」サービスの屋台骨。1年前の2016年3月末に達した256万人で頭打ちとなり、12月末には252万人に減少していました。

 収益を下支えする「ニコニコチャンネル」の有料登録者数も、昨年12月末の時点では60万人と、「順調に増加を続けて」(第3四半期決算短信の説明)いたが、3月末は59万人に留まりました。

 ドワンゴは4月、4年ぶりとなるニコ動の新バージョンを10月に公開すると発表。サーバや画質、遅延の問題を解決し、最新の機能を搭載するという。

 カドカワの2017年3月期連結決算は、売上高が前期比2.4%増の2057億円だったものの、営業利益が7.7%減の84億円にとどまるなど、減益となりました。

 ニコ動を含むWebサービス事業は、売上高が5.6%減の312億円に留まりました。その上、「ニコニコ超会議2016年」のコンテンツ制作費が前回を上回ったほか、ニコ動リニューアルに向けたインフラ再構築や高画質化、HTML5対応のコストが重しになり、セグメント利益は39.3%減の28億1500万円と大幅な減益でした。

 今期は、売上高は3.1%増の2120億円を見込む一方、営業利益は31.1%減の58億円にとどまるなど、減益を予想している。